14日の東京市場(前引け)反落、日経平均は前日比101円76銭安

東証|企業速報 証券市場新聞

14日前引けの東京市場は反落、日経平均は前日比101円76銭安の2万9649円85銭で引けた。新型コロナウイルス変異種の感染再拡大へ懸念が引き続き重石で、ナスダックの上昇を受けてハイテク高が下支えしている。
 個別ではグレイステクノロジー、Jフロント、メディアドゥ、リテールパートナーズは値下がり率上位に売られ、ファーストリテも安い。半面、日本電子がストップ高、フィルカンパニー、セラク、イージェイHD、アークスは値上がり率上位に買われ、東芝も高い。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp




株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

東証|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる