14日の東京市場(大引け)反落、日経平均は前日比130円62銭安

東証|企業速報 証券市場新聞

14日大引けの東京市場は反落、日経平均は前日比130円62銭安の2万9620円99銭で引けた。新型コロナウイルス変異種の感染再拡大へ懸念が引き続き重石で、ナスダックの上昇を受けてハイテク高が下支えする展開で後場は小動きに推移した。
 個別ではグレイステクノロジー、リテールパートナーズ、メディアドゥ、Jフロント、パルグループは値下がり率上位に売られ、ファーストリテも安い。半面、日本電子がストップ高、フィルカンパニー、セラク、前澤工業、イージェイHD、アークスは値上がり率上位に買われ、東芝も高い。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp




株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

東証|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる