ワールドマーケット|企業速報 証券市場新聞

23日前引けの東京市場は反落、日経平均は前日比20円73銭安の1万6786円89銭で引けた。米利上げペース鈍化に伴う円高進行を受け、売りが先行した。
個別では松井証、電通、JPX、ソニーFH、イーレックス、イリソ電子、中国工、スルガ銀、ホシデン、関西スーパが値下がり率上位に売られ、三菱UFJ、第一生命も安い。半面、JACR、メガチップス、ニチユ三菱、ワイエイシイ、オーイズミ、金銭機械、アイスタイル、LINK&Mは値上がり率上位に買われた。

証券市場新聞

Pocket