28日の東京市場(大引け)4日ぶり大幅反落、日経平均は前日比388円56銭安

28日大引けの東京市場は4日ぶり大幅反落、日経平均は前日比388円56銭安の2万7581円66銭で引けた。前日の欧米株が安く、新型コロナ感染再拡大による経済への影響を懸念した売りが広がる展開で大引けにかけては買い戻しで下げ渋る展開。
 個別ではダイヤHD、ゲンキードラッグ、タツタ電線、IRJapan、プレミアグループ、アゴーラHGは値下がり率上位に売られ、SUMCOやソフトバンクG、レーザーテクも安い。半面、サカイオーベックス、東京機とピーシーエーがストップ高、ダイトウボウ、三菱自、日本コンセプト、東京産業は値下がり率上位に買われシマノや日本製鉄も高い。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp




株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる