30日の東京市場(大引け)大幅反落、日経平均は前日比498円83銭安

30日前引けの東京市場は大幅反落、日経平均は前日比498円83銭安の2万7283円59銭で引けた。国内での新型コロナ感染拡大が重石で時間外でのNYダウ先や上海や香港の下落も重石となり、後場は下げ幅を拡大させた。
 個別では東京機、ブルドックソース、日華化学、大日住薬、インフォコム、山洋電気、ジェイテクト、アンリツは値下がり率上位に売られ、ファナックや富士通も安い。半面、神鋼商事、TOWA、トーメンデバイス、愛知銀、商船三井、デクセリアルズは値上がり率上位に買われキーエンスや郵船も高い。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp




株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる