東証|企業速報 証券市場新聞

3日前引けの東京市場は反発、日経平均は前日比183円53銭高の1万6633円37銭で引けた。ドイツ銀行への懸念後退で週末のNY市場が反発したことを受けて買い戻しの動き。
個別ではホクシン、フォーカスシス、アダストリア、東海運、ネクステージ、ネクシィーズG、フュージョン、関西スーパー、メルコ、さくらインターネットが値上がり率上位に買われ、三菱UFJや東芝、野村も高い。半面、川重、ゴルドウィン、キャリアリンク、さが美、IBJ、ミルボン、ヤーマン、ワタベ、ERIHDは値下がり率上位に売られている。

証券市場新聞

Pocket