ワールドマーケット|企業速報 証券市場新聞

13日前引けの東京市場は7日ぶりに反発、日経平均は前日比463円37銭高の1万7682円33銭で引けた。
ニューヨーク市場や上海市場の落ち着き、為替が1ドル118円まで円安となったことや中国貿易統計の内容を受けて幅広い銘柄が買い戻しの動き。個別ではヒトコム、フォーバル、デジアーツ、関電化、コーナンが値上がり率上位に買われ、みずほ、三菱UFJ、野村、日立、IHIなども高い半面、さくらインターネットやジャステック、クリエイトSDH、コアなどが値下がり率上位に売られている。

証券市場新聞

Pocket