21日の東京市場(大引け)反落、日経平均は前日比660円34銭安

21日大引けの東京市場は反落、日経平均は前日比660円34銭安の2万9839円71銭で引けた。中国の不動産開発大手、恒大集団のデフォルトリスク警戒から21日のの欧米市場が急落したことを嫌気、売り一巡は時間外でのNYダウ先の上昇や香港ハンセン指数のプラス転換を見て下げ渋る動きで大引けにかけて再度弱含んだ。
 個別ではデサント、長大、キヤリアインデックス、宮越HD、日ペイントHD、セレス、イーソルは値下がり率上位に売られ、ソフトバンクGも安い。半面、旭ダイヤ、ダイセキS、イソライト工業、アドバネクス、東京機、井筒屋、第一三共、エアトリは値上がり率上位に買われ、JR西も高い。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp




株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる