13日の東京市場(大引け)続落、日経平均は前日比90円33銭安

13日大引けの東京市場は続落、日経平均は前日比90円33銭安の2万8140円28銭で引けた。12日のNY安に加えて国際通貨基金(IMF)が12日改定の世界経済見通しで、2021年の実質成長率を5.9%と前回予測から0.1ポイント引き下げたことを嫌気、朝寄り直後で一時は2万8000円割れまで売られたが、売り一巡後は押し目買いで戻す動きで、後場はマイナス圏で終始小動きとなった。
個別では三光合成、デザインワン、イートアンドHD、住石HD、ワッツ?日ペイントHD、ワッツ、タマホームは値下がり率上位に売られ、郵船も安い。半面、フィルカンパニー、サインポスト、OKK、Jフロント、SHIFT、IDEC、は値上がり率上位に買われ、レーザーテックも高い。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp




株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる