東証|企業速報 証券市場新聞

19日前引けの東京市場は4日続伸、日経平均は前日比23円55銭高の1万6987円16銭で引けた。NY高に加えて11時発表された中国の第3四半期国内総生産(GDP)が市場予想通り好調だったことを受けてジリ高基調で一時1万7000円台を回復した。
個別ではさが美、ランビジンス、JDI、RSTECH、トランザクション、ヤマシンフィルタ、マルハニチロ、ヤーマンが値上がり率上位に買われ、野村や三菱UFJも高い。半面、扶桑化学、トクヤマ、大同工業、ホギメディカル、メック、SMS、DICは値下がり率上位に売られている。

証券市場新聞

Pocket