28日の東京市場(大引け)4日ぶり反発、日経平均は前日比547円04銭高

28日大引けの東京市場は4日ぶり反発、日経平均は前日比547円04銭の2万6717円34銭で引けた。27日のニューヨーク市場は朝高後にダウで小幅安で引けたものの、米長期金利が低下したことや前日の急落による値ごろ感からの買いが入り、後場も前引け値水準で堅調に推移した。
 個別ではCAPがストップ高、ファイズHD、富士電機、新光電気工業、三晃金属、ゴールドクレストは値上がり率上位に買われ、信越化学や郵船も高い。半面、グレイステクノロジー、コーセーアールイー、富士通、EduLab、クロスキャットは値下がり率上位に売られ、東京エレクトロンも安い。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp




株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる