東証|企業速報 証券市場新聞

26日前引けの東京市場は反落、日経平均は前日比33円76銭安の1万7331円49銭で引けた。前日のNY安や原油価格の下落を嫌気、前日の上昇後の反動から利益確定売りもでているが、売り一巡後は下げ渋る動き。
個別では東陽倉庫、日本鋳鉄管、イトーキ、日新電、コマツ、三菱自、丸文、ナイガイ、IHI、アルコニックスが値下がり率上位に売られ、野村や東芝も安い。半面、TDCソフト、トランザクション、SMK、太平洋セメ、あすか薬、加藤製、モリ工業、クラボウ、三栄建築は値上がり率上位に買われた。
証券市場新聞

Pocket