13日の東京市場(前引け)急反発、日経平均は673円12銭高

13日前引けの東京市場は急反発、日経平均は前日比673円12銭高の2万6421円84銭で引けた。
4月の米卸売物価指数(PPI)は前月比0.5%上昇と市場予想に一致したものの、前年同月比では11.0%上昇と高水準の伸びが続いたことを受けて11日のニューヨーク株式市場は、ダウは6日続落ながらナスダックが売り一巡後に反発したことを好感、前日急落のソフトバンクグループなど主力の値嵩株か戻したことも買い戻しを誘発した。

個別では、日揮HD、GMOGSHD、アステリア、ギフティ、フジクラ、サンケン電、WSCOPE、トプコン、A&DホロンHDがストップ高、アイロムHDなどは値上がり率上位に買われ、レーザーテックやソフトバンクグループも高い。半面、オイシックスラ大地、KADOKAWA、メドピア、カシオ計算機が値がり率上位に売られ、NTTデータも安い。

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる