22日の東京市場(前引け)続落、日経平均は265円76銭安

22日前引けの東京市場は続落、日経平均は前日比265円76銭安の2万7047円37銭で引けた。
FOMCでは予想通り0.75の大幅利上げが実施され、11月以降も大幅な利上げ方針が示されたことで21日のニューヨーク市場では3指数揃って大幅な下落となったことを嫌気する動きで、売り一巡後は下げ渋った。

個別ではネクシィーズ、洋エンジ、ネットプロHD、宮越HD、東邦鉛は値下がり率上位に売られレーザテックやソフトバンクグループも安い。半面、ビーエンジ、チェンジ、M&Aキャピタル、レノバ?は値上がり率上位に買われ、任天堂も高い。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp




株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる