ワールドマーケット|企業速報 証券市場新聞

18日大引けの東京市場は3日続落、日経平均は前週末比191円54銭安の1万6955円57銭で引けた。
15日のニューヨーク市場でダウが1万6000227ドルを割れる大幅下落となったことを嫌気、これに加えてニューヨーク原油先物(WTI)相場で1バレル30ドルを割り込んだことも影響し、前場は一時前週末比482円安まで売られていたが、その後は、買い戻しで下げ渋る動き。
個別ではさくらインターネット、ソフトバンク、フォーバル、ピジョンなどが値下がり率上位に売られ、IHIや三菱重工、富士通など主力株も幅広く売られている。一方、タカキタ、フュージョン、あさひ、洋ゴム、CMKなどは値上がり率上位に買われている。

この日もソフトバンクやファーストリテの安値更新が指数を押し下げる要因になったが、その半面、ソニーがプラス引け、トヨタなどの輸出系も売り一巡後は下げ渋る動きとなっていた。楽観はできなものの、個別では実態以上に大きく売られた銘柄も多く、キッカケ次第では戻す可能性も秘めている。

 

証券市場新聞

Pocket