東証|企業速報 証券市場新聞

1日前引けの東京市場は続急伸、日経平均は前日比413円90銭高の1万8722円38銭で引けた。
OPECでの減産合意と、為替が一時1ドル114円82銭まで円安が進んだことを好感、石油資源株や輸出系を筆頭に幅広い銘柄が買われた。
個別では安永、石油資源、国際帝石、タダノ、日揮、NTN、SUMCOが値上がり率上位に買われ、三菱UFJやJXも高い。半面、アデランス、アジア投資、日本ライフライン、オプテックス、テアトルは値下がり率上位に売られた。

証券市場新聞

Pocket