東証|企業速報 証券市場新聞

14日前引けの東京市場は7日ぶり反落、日経平均は前日比15円06銭安の1万9235円46銭で引けた。為替が1ドル115円前半から円安が進まないこともあり、利益確定売りに押される展開。
個別では安永、CMK、コロプラ、マネパG、鳥貴族、M&Aキャピタル、新日科学が値上がり率上位に買われ、東芝やヤフーも高い。半面、アサツーDK、オルトプラス、ティアック、T&Gニーズ、バロック、第一三共、JBRは値下がり率上位に売られている。

証券市場新聞

Pocket