東証|企業速報 証券市場新聞

20日前引けの東京市場は続落、日経平均は前日比5円23銭安の1万9386円37銭で引けた。
為替が1ドル117円台前半まで円が強含みであることから、輸出関連を中心に売り先行でスタート、その後は買い戻しの動きとなった。
個別ではイトーキ、SUMCO、AGS、イビデン、ヤマハ発、安永、IDOM、セイコーHD、ジャムコ、オルトプラスが値下がり率上位に売られ、三菱UFJも安い。半面、ヤーマンがストップ高、WSCOPE、ステラケミ、ランド、やまびこも値上がり率上位に買われている。

証券市場新聞

Pocket