ワールドマーケット|企業速報 証券市場新聞

21日前引けの東京市場は続伸、日経平均は前日比28円27銭高の1万9522円80銭で引けた。
NYダウの高値更新や為替が1ドル118円前後で推移していることを受けて輸出系の主力を中心に買われる展開、その後は利益確定売りに伸び悩んだ。
個別ではパナホーム、パナSUNX、JDI、兼松サステク、アドバンテスト、日本信号、日本マイクロニクス、シキボウ、ユニオンツールが値上がり率上位に買われ、日産自や三菱自も高い。半面、ヤーマン、ファーストロジ、レック、藤森工業、タダノは値下がり率上位に売られた。

証券市場新聞

Pocket