東証|企業速報 証券市場新聞

13日前引けの東京市場は反発、日経平均は前日比99円19銭高の1万9233円89銭で引けた。12日のNYダウが売り一巡後に戻したことや為替が1ドル114円台後半と弱含みで推移したことで買い戻しの動き。
個別ではタカタがストップ高、さくらインターネットは一時ストップ高となり、IDOM、イワキ、gumi、7&iHD、MDV、デザインワン、ディップ、ヒトコムが値上がり率上位に買われ、JXや三菱重も高い。半面、日華化、住友鉱、大有機化、ベスト電、西武HD、スクリーン、C&R社、冶金工は値下がり率上位に売られた。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket