東証|企業速報 証券市場新聞

17日前引けの東京市場は続落、日経平均は前日比192円04銭安の1万9095円24銭で引けた。為替が1ドル113円81銭まで円高が進んだことを受けて、1万8800円台まで下落したが、その後は114円台まで円安となったことを受けて下げ渋る動き。
個別ではさくらインターネット、トランザクション、ホギメディカル、ブレインバッド、竹内製作、日本通信、不二製油、オープンハウス、タカタが値下がり率上位に売られ、三菱UFJやJDIも安い。半面、アルファCo、U―NEXT、ゲンキー、タカラバイオ、インターワークス、東天紅、アビスト、トクヤマ、大阪有機化学、池上通信は値上がり率上位に買われている。
証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket