11日の東京市場(大引け)3連騰で最高値、日経平均は前日比392円03銭高

東証|企業速報 証券市場新聞

11日大引けの東京市場は3日続伸、日経平均は前日比392円03銭高の4万2224円02銭で引けた。

パウエル議長の下院金融サービス委員会での証言を受けて利下げ期待が高まり、10日のニューヨーク市場で3指数揃って上昇、ナスダックは7営業日連続、S&P500は6営業日連続で最高値を更新したことが支援し、3日連続で最高値を更新した。

個別ではトレファク、MRO、ヤマタネ、日ヒューム、ユニチカ、AZ-COM丸和HD、日置電は値上がり率上位に買われ、SUMCOやソシオネクストも高い。半面、SHIFT、ベルク、吉野家HD、ライフドリンクC、Appir、JDI、タナベコンサルGは値下がり率上位に売られ、メルカリやフジクラも安い。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp




株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

購読会員限定コンテンツ

Pocket

東証|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次