東証|企業速報 証券市場新聞

27日前引けの東京市場は3日続伸、日経平均は前日比71円76銭高の1万9474円15銭で引けた。NYダウが2万ドル乗せ後も高かったことや為替が1ドル114円台後半まで円安となっていることを受けて金融や石油関連などを筆頭に買われる展開。
個別ではバロック、エムスリー、東洋機械、WSCOPE、ホクシン、VOYAGE、ISID、蝶理、日華化学が値上がり率上位に買われ、三菱UFJやJX、ANAなども高い。半面、BEENOS、日立国際、タカタ、サイバーエージェント、安永、芝浦は値下がり率上位に売られている。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket