東証|企業速報 証券市場新聞

22日大引けの東京市場は反発、日経平均は前週末日比92円94銭高の1万6060円11銭で引けた。朝寄りは安く始まったが、売り一巡後はプラス圏へと浮上。個別ではgumi、サイバネット、ラウンドワン、エレコム、杉本商事、ヒトコム、ファインデックス、ボルテージが値上がり率上位に買われ、東芝やANAなども高い。半面、WSCOPE、フタバ産、山陽特鋼、セイコーHD、エコナックが値下がり率上位に売られ、三菱UFJ、野村なども安い。

証券市場新聞

Pocket