東証|企業速報 証券市場新聞

28日前引けの東京市場は3日ぶり反落、日経平均は前日比85円10銭安の1万9994円54銭で引けた。ナスダック指数の下落を嫌気、ここ数日上昇した銘柄には利益確定売りがでている。
個別では新光電工、戸田工業、アンリツ、日立金属、東芝、イワキ、キューブシス、アイネスが値下がり上位に売られ、任天堂や東エレクも安い。半面、アルパイン、フタバ産業、システナ、ジャフコ、デクセリアルズ、鳥居薬、エクセディ、小松精錬、トーメンデバは値上り上位に買われている。

 

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket