東証|企業速報 証券市場新聞

10日前引けの東京市場は小幅ながら3日続落、日経平均は前日比1円99銭安の1万9736円72銭で引けた。為替が1ドル110円台で落ち着いていることもあり、自律反発の動きとなったが、買い一巡後は戻り売りに押される展開となった。
個別ではスノーピーク、フリュー、ミツバ、SRAHD、オプト、千代化、COOKPAD、トーヨーカネツが値下がり上位に売られ、任天堂やソニーも安い。半面、長野計器、資生堂、石川製作、三井金、WSCOPE、藤森工業、アルバック、マツモトキヨシは値上り上位に買われた。

 

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket