東証|企業速報 証券市場新聞

12日前引けの東京市場は8日続伸、日経平均は前日比97円29銭高の2万0978円56銭とこの日も安倍政権発足以来の高値を付けた。NYダウが引き続き高値を更新したことや世論調査で与党圧勝が伝えられたことが指数を押し上げた。
個別では豊和工業、コシダカ、青森銀、システムリサーチ、ペッパー、丸文、サイゼリヤ、グローバルグループが値上り上位に買われ、ソフトバンクや東エレクも高い。半面、パルグループ、プレナス、ダイト、ヒトコム、コジマ、積水化成、津田駒、東天紅は値下がり上位に売られた。

 

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket