東証|企業速報 証券市場新聞

29日前引けの東京市場は3日ぶり反発、日経平均は前日比90円62銭高の2万2576円86銭で引けた。米税制改革法案の進展を背景にNYの3指数が揃って高値を更新、円の弱含も支援材料となった。
個別では東亜ディーケーケー、ライクキッズN、アルテック、タカキュー、ヤマシンフィルタ、インソース、神戸物産、ヨシックスが値上り上位に買われ、ファーストリテも高い。半面、TAC、菱洋エレクトロ、山一電機、堀場製作所、エムアップ、ディスコ、ヘリオス、東エレク、スクリーンは値下がり上位に売られた。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket