7日の東京市場(前引け)=4日ぶり反発、日経平均は280円70銭高

7日前引けの東京市場は4日ぶりに大幅反発、日経平均は前日比280円70銭高の2万2457円74銭で引けた。

前日のNYダウの下げが小幅でとどまったことで、買い戻しの動きが活発化、輸出系や金融を含めて幅広い銘柄が戻している。
個別ではアイビーシーがストップ高、田淵電機、ニホンフラッシュ、ヨシムラ・F・H、ノリタケ、ソースネクスト、JBCC HD、東邦チタニウムが値上がり率上位に買われ、任天堂やファーストリテも高い。半面、T&Gニーズ、千代化、進学会、トレジャーファクトリー、ARM、テーオーシー、MDM、NTNは値下がり上位に売られた。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる