東証|企業速報 証券市場新聞

18日前引けの東京市場は=4日続落、日経平均は前日比217円10銭安の1万6719円28銭で引けた。為替が17日に一時1ドル110円65銭まで円高が進んだことを嫌気し、輸出系を中心に幅広い銘柄が売られている。
個別ではサッポロドラッグ、UMCエレ、日機装、アジア投資、ブレインパッド、旭ダイヤ、寿スピ、神戸物産、トーカイが値下がり率上位に売られ、三菱UFJや日立、IHI、野村なども安い。半面、JUKI、SI,ベル24HD、ミマキエンジ、トムソン、enish、日本トリム、富士石油、オカモトは値上がり率上位に買われている。
証券市場新聞

Pocket