東証|企業速報 証券市場新聞

19日の東京市場(大引け)=小反落、日経平均は33円77銭安

19日大引けの東京市場は小反落、日経平均は前日比33円77銭安の2万2868円00銭で引けた。
 米国株の新値追いや欧州株高を受け買い先行でスタートしたが、朝高の後は利益確定に押される展開。
 個別では東天紅、JBR、巴、日触媒、大成建設、ファンコミ、川西倉庫、鹿島、モリテックが値下がり上位に売られ、任天堂やKDDIも安い。半面、ソルクシーズがストップ高、オープンドア、愛眼、A&D、フリービット、タカキタ、三菱ロジ、イントラスト、サンヨーHは値上がり率上位に買われた。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket