東証|企業速報 証券市場新聞

2日の東京市場(大引け)=反落、日経平均は前日比211円58銭安

2日大引けの東京市場は反落、日経平均は前日比211円58銭安の2万3274円53銭で引けた。米長期金利の上昇懸念から外需中心に値を下げる展開で、一時は360円超下げていたが、後場から下げ渋る動き。
個別ではBEENOS、イーレックス、積水化成、GMB、高周波、EPS、インターワークスが値下がり率上位に売られ、任天堂やキーエンスも安い。半面、システナがストップ高、シミック、ソフトクリエイト、日進工具、イーガーディアン、KIMOTOも値上がり率上位に買われた。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket