7日の東京市場(大引け)=4日ぶり反発、日経平均は前日比35円13銭高

 7日前引けの東京市場は4日ぶり反発、日経平均は前日比35円13銭高の2万21560円50銭で引けた。NY市場が大幅に反発したことを受けて買い戻しの動きながら、後場からは急速に値を消した。
 個別ではゴールドウィン、西尾レント、能美防災、ARM、サンケン電気、日進工具、アトラ、メディシス、セガサミーが値上がり率上位に買われ、任天堂やソニーも高い。半面、デサント、ヴィングス、スクエニHD、河西工業、PCIHD、日東紡績は値下がり率上位に売られた。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket