東証|企業速報 証券市場新聞

18日の東京市場(大引け)4日続伸、日経平均は前日比310円61銭高

18日大引けの東京市場は4日続伸、日経平均は前日比310円61銭高の2万2158円20銭で引けた。日米首脳会談でトランプ大統領が米朝首脳会談で拉致問題を提起すると伝えられたことや、ポンペオ中央情報局(CIA)長官が数週間前に北朝鮮を極秘訪問していたことをポジティブに評価、後場も堅調に推移した。
 個別ではMinori、グローバル社、ディア・ライフ、ステラケミ、キャリアインデックス、レノバ、エコス、カナモトが値上がり率上位に買われ、ファーストリテやファナックも高い。半面、スルガ銀行、ユナイテッド・スーパーマーケットHD、船井総研、オプトHD、ディップ、共栄製鋼は値下がり率上位に売られた。




株式情報と相場見通し

Pocket