東証|企業速報 証券市場新聞

9日の東京市場(大引け)反落、日経平均は前日比99円81銭安

 9日大引けの東京市場は反落、日経平均は前日比99円81銭安の2万2408円88円銭で引けた。トランプ米大統領がイラン核合意からの離脱を表明したことから、中東リスクを警戒した売りが終日優勢で、決算と併せて自社株買いを発表したトヨタが買われたが、波及効果は小さかった。。
 個別ではEMシステムズ、日本エスコン、ユニゾHD、ジャムコ、イマジカロボ、ムゲンエステト、横河電は値下がり率上位に売られ、武田薬品やマネックスG、任天堂も安い。半面、丸和運輸、スクロール、NDSがストップ高、市光工、GDO、キッツ、デジアーツ、エレコムは値上がり率上位に買われ、トヨタや東海カも高い。

株式情報と相場見通し

株式ニュース

Pocket