東証|企業速報 証券市場新聞

21日の東京市場(大引け)3日続伸、日経平均は前日比72円01銭高

 21日大引けの東京市場は3日続伸、日経平均は前日比71円01銭高の2万3002円37銭で引けた。1ドル111円に接近する円安や米中貿易戦争回避へ向けた声明が発表されたことを好感、NYダウ先の上昇を見て上値追いとなり、2万3000円台を回復、後場から膠着状態となった。
 個別ではキリン堂HD、アイビーシー、日トムソン、T&Gニーズ、マツオカ、Ubicom、光通信、GDOが値上がり率上位に買われ、ファナックやマネックスも高い。半面、TYK、SOMPOHD、冶金工、OKAYA、IBJ、アドバンテストは値下がり率上位に売られた。




株式情報と相場見通し

Pocket