東証|企業速報 証券市場新聞

2日の東京市場(大引け)大幅反落、日経平均は前週末比492円58銭安

 2日大引けの東京市場は大幅反落、日経平均は前週末比492円58銭安の2万1811円93銭で引けた。寄り付きは米通商問題の懸念から70円安程度でスタートしたが、その後は1ドル111円台まで円安が進んだことを受けて下げ渋る動きで、後場よりからNYダウ先の時間外での下落をなどを受けて大きく値を崩す動き。
 個別ではネクステージ、アダストリア、KLab、ダイセキS、ペプチド、パイプドHD、スギHDが値下がり率上位に売られ、資生堂やファーストリテも安い。半面、海洋掘削、田淵電機、エスコン、アルテック、ヴィングス、Gunosy、太陽誘電は値上がり率上位に買われた。




株式情報と相場見通し

Pocket