東証|企業速報 証券市場新聞

9日の東京市場(大引け)続落、日経平均は前日45円92銭安

 9日大引けの東京市場は続落、日経平均は前日比45円92銭安の2万2598円39銭で引けた。日米通商交渉を控えて見送り気分が強く、上海株が上昇したことや時間外取引での米株価指数先物が堅調に推移したことで、後場に入って一時プラスに浮上する場面があったが、買いが続かなかった。
 個別ではニチイ学館、オリジン、新晃工業、イソライト工業、三住建設、日本マイクロニクスが値下がり率上位に売られ、ソフトバンクGやスズキも安い。半面、ゲオHD、宮地エンジ、渋谷工業、MS‐Japanがストップ高、T&Gニーズ、テイカ、レオン自動機、レーザーテクは値上がり率上位に買われ、東海カや資生堂も高い。

株式情報と相場見通し

Pocket