東証|企業速報 証券市場新聞

18日前引けの東京市場は3日続伸、日経平均は前日比100円75銭高の1万6753円55銭で引けた。朝寄りは為替が1ドル108円台まで円高が進んだことともあり、小動きとなっていたが、1~3月GDPが市場予想を上回ったこともあり、上値を追う動きとなった。
個別ではgumiが一時ストップ高、共栄タンカー、ワイエイシイ、アウトソーシング、秋田銀、JAC,日写印、M&Aキャピが値上がり率上位に買われ、みずほ、三菱UFJの金融株も高い。半面、A&D、ネクシィーズG、新日科学、スターティア、テクノスジャパン、Jパワー、GMOクラウドは値下がり率上位に売られている。
証券市場新聞

Pocket