東証|企業速報 証券市場新聞

19日の東京市場(大引け)続落、日経平均は前日比126円08銭安

 19日大引けの東京市場は続落、日経平均は前日比126円08銭安の2万2532円08銭で引けた。前日のニューヨーク市場でダウが327ドルの大幅安になったことや、中国第3四半期GDPへの警戒感から一時は400円超の下げ幅となり、GDP数値発表後は上海市場の上昇とともに下げ幅を縮小させた。
 個別ではジャパンF、モバファク、GMOPG、象印、ユナイテッド海、ヤマダ電機が値下がり率上位に売られ、ソフトバンクGやソニーも安い。半面、FIG、XNET、メンバーズ、CSP、イーブック、エス・サイエンスは値上がり率上位に買われた。




株式情報と相場見通し

Pocket