ワールドマーケット|企業速報 証券市場新聞

23日前引けの東京市場は急落、日経平均は前日々182円37銭安の1万6553円98銭で引けた。為替が1ドル109円台まで円高が進んだことを嫌気し輸出系を中心に幅広い銘柄が売られている。
個別ではenish、ファンケル、大垣銀行、ウチヤマHD、WSCOPE、大陽日酸が値下がり率上位に売られ、みずほ、三菱UFJも安い。半面、ラウンドワン、ブレインパッド、伊藤ハム米久は値上がり率上位に買われている。
証券市場新聞

Pocket