東証|企業速報 証券市場新聞

9日の東京市場(前引け)反落、日経平均は前日比148円66銭安

 9日前引けの東京市場は反落、日経平均は前日比148円66銭安の2万2338円26銭で引けた。前日大幅高の反動で利益確定売りが出ているうえ、上海市場安や時間外でのNYダウ先安も上値を抑える要因になった。
 個別ではレック、オプトホールディングス、N・フィールド、ネクソン、オルトプラス、ヒノキヤグループ、SRAHDは値下がり率上位に売られ、東海カーボンやKDDIも安い。半面、品川リフがストップ高、セーレン、アトラエ、カドカワ、イノテックも値上り率上位に売られた。




株式情報と相場見通し

Pocket