東証|企業速報 証券市場新聞

2日前引けの東京市場は大幅続落、日経平均は前日比387円61銭安の1万6568円12銭で引けた。為替が一時1ドル108円台まで円高が進んだことを受けて輸出系を中心に売られる展開。
個別では関西ペ、アルパイン、フジミインコ、イーブック、トランザクション、名村造船、アジア投資、アシックス、WSCOPE、ミマキエンジが値下がり率上位に売られ、みずほ、三菱UFJも安い。半面、富士紡HD、マルハニチロ、インターワークス、堀場、豆蔵HDは値上がり率上位に買われている。
証券市場新聞

Pocket