東証|企業速報 証券市場新聞

19日の東京市場(大引け)3日ぶり小反落、日経平均は前日比17円65銭安

 19日大引けの東京市場は続伸、日経平均は前週末比17円65銭安の2万1566円85銭で引けた。前日にフシ目の2万1500円を回復したことで当面の利益確定売りが優勢になった。ただ、150円超に下げ幅を広げた後は一時プラスに転じるなど底堅い動きで、後場はほぼ前日終値水準にまで戻した。
 個別ではZOZO、メガチップス、TATERU、インターアクション、エイチームは値下がり率上位に売られソニーや武田薬品も安い。半面、ファンコミ、東亜建設、イオンファンタジー、大真空、JDIは値上がり率上位に買われた。




株式情報と相場見通し

Pocket