東証|企業速報 証券市場新聞

4日の東京市場(大引け)続伸、日経平均は前日比11円74銭高

 4日大引けの東京市場は続伸、日経平均は前日比11円74銭高の2万1724円95銭で引けた。日本時間の5日午前5時30分からトランプ大統領と中国副首相が会談することを受けて、米中通商交渉進展期待と上海株高を受けて買い戻しの動き、ただ、今週に入って500円超上昇したことから利益確定売りに伸び悩んだ。
 個別ではレッグスがストップ高、安永、新川、ヨロズ、サノヤスHD、マルマエ、FJネクスト、JDI、TOWAは値上がり率上位に買われ、キーエンスやアドバンテストも高い。半面、平和堂、双信電、KLab、鎌倉新書、ITM、ツバキ・ナカシマは値下がり率上位に売られ、ソニーや東電HDも安い。

株式情報と相場見通し

Pocket