東証|企業速報 証券市場新聞

8日の東京市場(前引け)4営業日ぶり反落、日経平均は前週末比18円16銭安

 8日前引けの東京市場は4営業日ぶり反落、日経平均は前週末比18円16銭安の2万1789円34銭で引けた。米雇用統計を好感したニューヨーク市場高を好感して朝寄りでは2万1900円に乗せる場面があったが、買い一巡後は円の強含みと戻り売りに押されてマイナス圏に沈んだ。
 個別では日車両、サムティ、エムアップ、佐藤商事、ナブテスコ、IMAGICA、九電工は値下がり率上位に売られ、任天堂やソニーも安い。半面、キムラタン、エス・サイエンス、オンワードHD、GMOクラウド、曙ブレーキ、アリアケ、ソースネクストは値上がり率上位に買われた。




株式情報と相場見通し

Pocket