東証|企業速報 証券市場新聞

12日の東京市場(前引け)続伸、日経平均は前日比130円52銭高

 12日前引けの東京市場は続伸、日経平均は前日比130円52銭高の2万1841円90銭で引けた。朝寄りでは小動きで推移していたが、一時1ドル111円80銭台まで円が弱含んだことや、上海市場が前日比プラスでの推移を見て上値追う展開、ファーストリテイリングの上昇も指数を押し上げた。
 個別ではスペースバリューとCSPがストップ高、コシダカHD、ベクトル、ファーストリテイリング、ルネサンスは値上がり率上位に買われ、ソニーやソフトバンクも高い。半面、ローソン、パイプドHD、テモナ、エムアップ、島忠、キリン堂HDは値下がり率上位に売られ、ファナックも安い。




株式情報と相場見通し

Pocket