東証|企業速報 証券市場新聞

17日の東京市場(前引け)5日続伸、日経平均は前日比67円66銭高

 17日前引けの東京市場は5日続伸、日経平均は前日比67円66銭高の2万2289円32銭で引けた。前日の米国株が高く、1ドル112円台前半まで進んだ円安がフォローとなり、輸出株を中心に買いが優勢。先物売りに一時下げに転じる場面はあったが、下値は買い直された。
 個別ではRPAがストップ高、キャリアDC、eBASE、楽天、マルマエ、サニーサイドは値上がり率上位に買われ、オムロンや三菱UFJも高い。半面、アルテリア、メガチップスがストップ安、enish、ブロンコB、新日科学、ネクソンは値下がり率上位に売られ、ソフトバンクGも安い。

株式情報と相場見通し

Pocket