東証|企業速報 証券市場新聞

15日の東京市場(前引け)8日続落、日経平均は前日比15円99銭安の2万1051円24銭

 15日前引けの東京市場は8日続落、日経平均は前日比15円99銭安の2万1051円24銭で引けた。前日の米国株式が上昇した流れを引き継ぎ、反発して始まったが、米中貿易協議に対する先行き不透明感から買い意欲に乏しく、前日終値を挟んで方向感なく小動きに推移した。
 個別ではLINK&Mがストップ安、トリドールHD、池田泉州HD、TBSHD、T&Gニーズ、三桜工は値下がり率上位に売られ、武田や日産自も安い。半面、図書印、じげん、IMAGICA、サカタインクスがストップ高、トーヨーカネツ、アルヒ、ジャストシスは値上がり率上位に買われ、三菱地所やソニーも高い。

株式情報と相場見通し

Pocket