東証|企業速報 証券市場新聞

24日の東京市場(大引け)続落、日経平均は前日比33円92銭安

 24日大引けの東京市場は続落、日経平均は前日比33円92銭安の2万1117円22銭で引けた。23日のニューヨーク市場でダウが一時400ドル超の暴落となったこと嫌気、朝寄りでは2万900円台前半まで下げる場面があったが、トランプ大統領の米中通商交渉に絡むハーウェイへの発言に絡んで上海市場や時間外でのNYダウ先が上昇したことを受けて大引けにかけ急速に戻した。
 個別ではenish、トラストテック、エムアップ、WSCOPE、ファイズ、ナカノフドーは値下がり率上位に売られ、東エレクやファナックも安い。半面、レオパレス21、ニホンフラッシュ、日本通信、千趣会、オープンハウス、マイクロニクスは値上がり率上位に買われた。




株式情報と相場見通し

Pocket